FC2ブログ

一生準備中かもしれない

海外ドラマが唯一の癒しになった日々

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっかり泣いたぞ

◇◇◇どちらに/アマゾンの☆の数記事に拍手ありがとうございました!!◇◇◇




拍手コメントもありがとうございました!
お返事は該当記事のコメント欄です!




**********



Sさんごめんなさい!
LGSをご一緒に!と誘って頂きましたのに。
そうですね~なんてお返事しましたのに!!

すみません!十鬼を始めてしまいました!!
いや、PSPに入ってたもので!(それだけの理由で尚更すみません)


千耶さん終了です。
BADも埋めたと思います・・・チャートで確認しましたので大丈夫かと。
あのチャートはやっぱり便利ですね!
そこから始められるのもいいですね!!
BAD回収がとっても楽。

立ち絵の髪の毛のハネ具合にどうにも笑えるのは私だけですか?



千って(かず)って読むのね!知らなかったわ!!
という事で最初、名前が読めなくて困りました。
っていうか、いまだに読めてません。
その辺は適当です、かなり適当。

では、以下ネタバレな感想を。
久々に隠しますよ~。
























**********



最初うっかり主人公が死んでしまいまして。

「え?!ここで!?!?!?」とつい叫んでしまいました。

いやだって、その前に「あ、死んだなこれ」とか思ったシーンでは助けが来ましてね。
この作品のBADは主人公死なないのか~と油断してたんですよ。
ちょっと不意打ちでしたね、あれは。
二世の契りで翠炎に殺されちゃった時みたいなびっくり感。

そうそう、この作品。
途中までタイトル間違えているよなーと思ってまして。
<十鬼の絆>とかいいながら皆さん行動はバラバラだし、統一感ないし、自由だし。
絆って何?ってずーっと思ってました。

バラバラだった鬼が絆をこれから作っていく話なのか・・・と終盤でやっと気づきました。
十鬼衆が最初に集まったりするからいけないのよ。
誤解するわ、あれ。

っていうか、里の人出てこなさすぎ!(笑
その辺も<絆>を感じさせない要因かと思います。

敵方のモブはいっぱい出てくるのに、
一緒に生活しているだろう鬼の面々が一切登場しない事に違和感。
モブキャラくらい作れよ~とは思いました。
基本シリアス進行なので、日常を描くつもりはない!って事なんでしょうけど、
にしても出てこなさすぎ。
十鬼衆は何をそんなに守りたいのか?
全然伝わってこないのもそこに要因があるかと。

飯炊きの手伝いを呼びに来るのがいつも十鬼衆のじいさんってどうよ?おかしいでしょ。
八瀬姫の世話している鬼とか居てもいいでしょ?
だって曲がりなりにも姫なんだから。
なんでいつも主人公しかいないのよ??

んでもって他の鬼が戦いに同行してもいいでしょ?仮にも頭領なんだから。
なぜいつも単独行動か?

それとも何か?
強いのは頭領だけか?
その辺がまださっぱり不明です。


***


とかなんとか言いながら。
終わって「良いエンドだった!」と思っている私がいます。

月爺の死に際シーンでうっかり泣きました。
うーん、こうゆうシーンはマジで卑怯よね。

それと家康エンドで泣きました。
意味合い的にいうと千耶ルートのBADなんでしょうけど、あれは良かったです。

あのエンドが見れただけでも十鬼をやってよかったな~と思います。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

御訪問者さま

滞在者さま

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。