FC2ブログ

一生準備中かもしれない

海外ドラマが唯一の癒しになった日々

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~あ・・・


攻略順、間違えちゃったなぁ・・・と。
太公望攻略中、ずっと思ってたのはそれですかね。


終わりました、太公望。

嫌いじゃないですよ、太公望。
どっちかっていえば、好きな分類の方です。

でも、展開読めちゃうのが残念でした。
おかげで先に進めるのがしんどかったです。

申公豹が思いのほか良いキャラしてたなーと。
彼とのやり取りは好きです。笑いました。
そういや太公望ルート、結構笑ったな。
展開は読めるんですけど、このルート好きです。
楊栴さんもバナーの宣言は果たしていませんが、頑張ってましたし。


***


LGSの初回出荷本数、十鬼の3分の1程度だった為。
評価を見て買おうかな?と思ってらっしゃる方が多いのだろうと思うのですけど。
時すでに遅し、な気もしますが(発売から約3ヶ月経ってますし)
これからプレイの方の為に書いておきますね。

封神演義を知らない人は。
太公望から攻略すべし!!(と私は思う)

太公望ルートをプレイすれば「なぜなに封神演義」って感じで、
今まで疑問だった事もなんとなーく解決しました。
ま、なんとなーく、なんですけどね。

ウィキで真剣に色々読んじゃったよ。
殷の歴史、当時の宗教観とかそうゆうのを理解しつつプレイすればきっと楽しいんだろうと思って。
で、TVでたまたまこの時代よりももっと前の時代の歴史検証番組をやってたりして。
・・・真剣に見ちゃったり。なんて素敵な偶然か、とか思いつつ。


太公望については一切書いてない感想は以下に。




















中途半端に、三国志やら西遊記やらに親しみがあるから「???」と思ってしまう事も多いのかな?と。
殷から周への時代は、西遊記や三国志よりも千年以上前の話なんだという事から理解しようぜ!
というところに気分が落ち着きまして。

神様もまだ成熟していない、という方向で理解しました。
日本はまだ縄文時代だしね!

西遊記でも見かけたような名前の神様が結構出てくるんですけど、
いくら神様でも千年以上若かったら・・・
うん、こうゆう事もするかもしれん、と。
若気の至り・・・つまりそうゆう理解の仕方です。

乙女ゲ的解釈ですよ、あくまでも。


仏教以前の宗教観ですからね。
自分の生活に密着していない宗教を理解するのはちょっと難しいと言いますか。
八百万信仰とも違いますし。

そりゃ難しいよ。

ってことで自分の中で解決事項としました。(難しいからわからん=OK)
この頃の王様ってシャーマン的位置にいた、という記述を読んで「あ~なるほど」と思いつつ。
自由に、は言い過ぎだけど、神様と交信できる人達って事でなんとなく理解した事項もあります。

太公望ルートを経て、三界に線が引かれたともいえるんでないの?と。
ここから西遊記っぽい話も生まれるのね、と。
エラク勝手な解釈ですけど、そう思う事にしました。

封神台が解放されてできた世界が天界と冥界って事でいいんじゃね?
だってそうでも思わないと理解できないんだもん。



***



でね。
師匠なんですけどね。
隠し(隠れていませんが)以外の3人攻略で解放するんですけど。
ホントは師匠は先にさっさと終わらせたかったのに、いっつもさっくり殺してくれるので。
くそう、まだダメか、とか無駄な時間を過ごしたりもした為。

この制限にはモチロン意味があるんでしょうね?と。

今一番気になっているのはここです。
SYKでの悟空の制限には色々と苦労しましたが、理解したんですよ。
なるほど、この為の制限か!というちょっとした感動すらあったんですけど。

師匠のこの制限、意味があるのか、ないのか。
あるよね?とは信じたいのですけど。

もしも。もしも、ですよ。
新説シリーズだからメインには制限かけてみました、とかいうようなシナリオだったら。

アンケートハガキに悪口書いて送ってやる!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

御訪問者さま

滞在者さま

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。