FC2ブログ

一生準備中かもしれない

海外ドラマが唯一の癒しになった日々

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐が好き

◇◇◇あ~あ記事に拍手ありがとうございました!!◇◇◇




拍手コメントもありがとうございました!



*****



師匠、そうだったのか~と。
最初の衝撃の答えがわかってスッキリしました。



でも、ここで一番いい男は魔法使いさんですよね、きっと。
師匠を苦しませない為のあの着ぐるみパンダか?とか思ったらね。


***


封神演義って何?という事も散々ネットサーフィンして自分なりの解釈もしました。

ってことで、今の感想は以下に。
ネタバレしてます、たぶん。















*****



『なぜなに封神演義』にはまり込んでしまい、初回の周回がイマイチ楽しくなかったんで。
今はもう一回、天化や姫発とかをやろうかと思ってます。
今までずーっと???だった事が今はわかっているので。
言葉の裏側とか、設定の裏側とか、そうゆう深読みがしたいのです。
どっちみち、新作プレイは週末じゃないと集中できませんし。
色々わかった上でプレイってやっぱ大事じゃないかな、と。
この作品に関しては結構本気でそう思ってます。

普段はあんまりしない再プレイですけど。
色々わかったうえでの再プレイは。
おのずと、この方の言葉の裏を読んだりして。

きっとすごく楽しいんじゃないかと思って!

LGS_蘇妲己180×150-thumb-180x150-11531


好きなのです。こうゆう設定。
ここだけは封神演義を知らなくてもまるっきりOKだったというのも驚きましたが。
唯一、黄帝と楊栴の関係に食い込んだキャラだったのですね。
好きですよ、こうゆうの。

三国恋戦記の師匠とか、龍遊戯伝の白龍とか。
非日常の竜壬とか。

大好物なんですよね、この設定。

あの手を取るのが自分だったら・・・って。
そこを思いつかない事が迂闊ですけど、それがきっと妖狐なんでしょうね。
いやぁ、好きだわ~こうゆうの。


***


太公望ルートにて。
黄帝がさ、自分の行いを謝罪したシーンでちょっと感動したんですけど。
迎えに行ったのがとーちゃんならこんなに話はこじれなかったよ、とは思いました。

1500年に一度やってくる仙人たちの殺戮衝動、という原作(?)の設定がこうなったのか、と。
封神の書の意味合いと殺戮衝動を攻略対象者で分けたのか、と。
なるほどね~~~~~~~~。

正直イマイチ封神演義自体は理解し切れていませんが。

封神台の解放で三界に線が引かれた。
これで良いと思ってます、かなり本気で。

ではまた周回作業に行ってきま~す。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

御訪問者さま

滞在者さま

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。